弁護士に依頼した場合にかかる費用の内訳は

ビル

弁護士に依頼した場合にはさまざまな費用が発生します。
まずはじめに相談料です。
条件付きで無料とするところもありますが、基本的には相談だけでも料金が発生します。
相談料は各法律事務所によって異なりますが、30分で5千円程度が相場のようです。
報酬は着手金と成功報酬の2種類からなります。
成功報酬は事案の処理に成功した場合に支払うものですが、着手金は成否にかかわらず支払わなければいけません。
いわゆる契約金のようなものと考えるといいでしょう。
また事務手数料が必要になることもあります。
たとえば任意整理や過払い金請求の依頼では、手続きを行う金融機関1件ごとに手数料を求められることがあります。
さらに裁判に出席した場合や出張が必要になる場合には、日当を支払う必要があります。
これらの費用以外にも交通費や通信費、宿泊費用、収入印紙代といった各種手続きにかかる実費も負担しなければいけません。
お金の工面が心配な人は民事法律扶助という制度もありますので、まずは気軽に弁護士に相談してみましょう。